新型コロナウイルスによる第二波、第三波の襲来にビクビクしていませんか?。

このページに辿り着いたあなたは新型コロナウイルスなど全てのウイルス感染症を迎え撃つ体を構築することが可能になります。

新型コロナ対策としてどうすれば免疫力が上がるのかいろんな情報が飛び交っていますが何を最優先にするべきか悩んでいませんか?

免疫力を上げるのに最も重要なのは栄養摂取です。 

しかし、新型コロナウイルスに対抗するには具体的にどんな栄養素でどのくらいの量を摂れば、どのような効果が期待できるのか伝えられていません。私もテレビなどで見たことがありません、不思議です。

この決して明るみに出ない貴重な情報が禁断の書に記されています。

もしも、新型コロナウイルスに感染してしまったら病状が軽くても精神的不安はものすごく大きいですよね。

自分が新型コロナウイルス患者になってしまったら被害を最小限に抑えたい。
誰もがそう思っているはずです。
でも、新型コロナウイルスに効く薬は手に入らないしワクチンも開発できていません。
しかし、落ち込む必要はありません。
我々のDNAには先祖から受け継いできた最強の設計図が入っているのです。
美肌や健康はもちろん病気やウイルスとの闘い方も設計図に書き込まれているのです。

体に必要な栄養素さえぶち込んでやれば何も考えなくても設計図どうりに最高の体を作ってくれるのです。
しかし、多くの方は本当に体が欲しがっている栄養素が不足しているのです。
分子栄養学的に言うと栄養失調と同じです。コロナウイルスと闘うにはあまりにも不利です。

体が欲しがっている栄養素は簡単に手に入りますが殆どの方は摂取量が少な過ぎて効果が弱いのです。
効果が弱い為にこの栄養素自体が過小評価されています。一部の人達の間では権威者によってこうなるように意図されてきたと言われています。
そして、この栄養素は適切な量を摂るとあまりにも強力なので医学界からは嫌われているとの噂が後を絶ちません。

この禁断の書には新型コロナなどウイルス感染症に有効なサプリメントと使用方法が記されています。

ウイルス感染症に対抗できる体質に改善するには食事から必要な栄養素を沢山摂れば良いのですがほぼ不可能です。
実際にこの禁断の書を手に入れて摂取推奨量をご覧になられると食事から摂るのは無理だと納得されるはずです。
従ってサプリメントから摂る必要があります。

そこで心配されることが出てくると思います。
そんなに大量摂取して大丈夫なのかと。
はい、大丈夫です。内臓での消化を必要としないので体に負荷がかかりませんし、余分なものは尿に混ざって排出されます。

私は推奨量よりも多くの量を摂っています。

その結果、風邪や病気にもなりません。

周りの人達に「そんなにたくさんのサプリメントを摂っていると体を壊すよ」と言われますが私は毎年、健康診断ではオールAです。私に気遣ってくる人達の方が不健康なのです。
細胞レベルから改善されていくので私の場合は体力や外見も実年齢より若く見られます。
この禁断の書を手に入れられた方にも免疫力を上げると共にこれらを実感して欲しいと思っております。 

ウイルスVSサプリメント

人体に侵入してきたウイルスはターゲットになる細胞(レセプター、受容体のある細胞)を見つけるとドッキングします。

そしてウイルスは自ら殻を脱ぎ捨て生身のウイルス(DNAウイルスもしくはRNAウイルス)が飛び込んで来て細胞内にあるリボソームという微小器官が乗っ取られてしまいます。

リボソームとはDNAにある設計図をメッセンジャーRNAが運んできて体のパーツを作っている工場です。

リボソームが乗っ取られるとDNAウイルス、RNAウイルスがウイルスのコピーを複製します。

すなわち細胞はウイルス生産工場になってしまうのです。

ウイルスが支配した細胞からは2万個ものウイルスコピーを製造します。

そして、細胞が破裂。ウイルスが放出、拡散し新たな細胞に住み着いて増殖、拡散を繰り返します。
破裂した細胞に肺炎双球菌などの細菌が群がり毒素を出し肺炎などが悪化します。
要するにウイルス感染に始まり細菌が追い打ちをかけてくるのです。
新型コロナはこれと同じパターンだと言われています。

禁断の書に記されているサプリメントの成分はこれらの細菌に対しても威力を発揮します。
・白血球を活性化し活性酸素を細菌に向けて放出、死滅させます。
・DNA.RNA ウイルスがリボソームを乗っ取り増殖するのを阻止する。
・ナチュラルキラー細胞を賦活しウイルス、細菌を攻撃する。
三段構えでウイルスに攻撃を仕掛けて免疫力を高めます。

感染症ウイルスは主に
・インフルエンザ
・コロナウイルス
・アデノウイルス
・レオウイルス
・ラノウイルスなどがあります。
このサプリメントを摂るとこれらのウイルス、全ての感染症ウイルスが攻撃の対象になります。
そして、ウイルスが体内に侵入して来るのを想定してサプリメントを普段から摂取し待ち構えるのも非常に有効です。

重度の感染者にも大量摂取が有効

重傷ポリオ患者が1日50~80グラムのサプリメントの大量投与によって全快しています。
重度の感染症でもサプリメントで治療して完治していた事実があります。
しかし、ワクチンが開発されると医療でそのサプリメントは使われなくなりワクチンでの治療が主流になってきました。
ワクチンの開発がされていない新型コロナウイルスにはこの昔ながらのサプリメント大量摂取の栄養療法が非常に有効ではないだろうか。 
もし私が新型コロナウイルスの重篤患者になってしまった場合は喜んで80グラムの大量摂取を試してみたいものです。
点滴であれば投与するのも容易であるし私ならサプリメントの慣らしを完了しているので口径でも可能です。
普通風邪や新型コロナ対策の場合は重傷ポリオ患者に摂取するような極端な量は必要ありません。

これからは隠れコロナ患者と出会う確率が高いのは圧倒的に病院内です。

体調を崩して病院で受診するのはいろいろな意味でも避ける必要があります。

近年糖質ダイエットが流行っていますが分子栄養学的に見ても人間の構造上理にかなってますし糖質制限は癌、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など殆どの病気に密接に関係しています。

糖質と脂質はエネルギー源です。

体内でエネルギーを作る方法は主に2通りあります。

血中の糖質をインシュリンが細胞質に押し込んでエネルギーをつくる →解糖系

血中の脂質が細胞内のミトコンドリア(燃焼工場)に入ってエネルギーをつくる →反応系

反応系はエネルギーに変換される仕組みが非常に多く、糖より脂の方がよく燃えるのでエネルギーをたくさん作れるのですが、糖質が使われてからでないと脂質が使われない法則があります。

食事で糖質の摂取量を少なくして脂質を多く摂ると反応系のミトコンドリアが活発になって消費カロリーが多くなります。

反対に糖質主体だとエネルギーが小さく体が本来の力を発揮できません。

従って今まで常識とされていた糖質をたくさん摂り脂肪を減らす食事は非効率になります。

糖質制限をしながら間食にもチーズなどの脂質を積極的に摂るようにした結果、個人的な感想はプロポリスなど高価なサプリメントを使用するより体が疲れにくくなり心拍数が上がっても辛いとは思わず爽快です。 まるで子供の頃の感覚が戻ってきたよな感じで汗を流すのがとても気持ち良いです。

今でも行われている糖質に関する不思議なやりとりを紹介します。

癌を発見する方法にPET検査というのがあります。
ブドウ糖に発光物質を付けて人体に投与すると癌細胞に発光物質が集まります。
癌細胞は正常細胞と比べて大量にブドウ糖を取り込むという習性を利用したものです。
癌細胞はブドウ糖が大好物なのです。ブドウ糖をたくさん食べて増殖を繰り返します。
医者は治療中の患者にブドウ糖の点滴や白米など癌の餌になる炭水化物を食べさせてはいけないと判っているのにも関わらずそれらを与えているのです。
ほんの少しの糖質があれば健康に生きて行けるのです。糖質をカットして脂肪を摂る方がより健康になれてエネルギーを変換するのにも効率的なのです。
しかし、医者は「栄養士がカロリー計算して作っているので食べなさい」と言います。

「他の人はみんな食べてますよ」
「あれれ、どうしましたか? 明日はがんばって食べてくださいよ」
残念なことに患者も医者が言うことは正しいと思い込んでいるので素直に癌の餌を食べるのです。

不思議なやりとりです。
私には食事で癌を進行させ高額治療で延命させているとしか思えません。


癌細胞にはミトコンドリアが存在しないので解糖系でしかエネルギーが作れません。

体内に糖質が無ければ癌細胞はエネルギーが作れなくなり消滅していきます。

カロリー制限ではなく糖質制限をしなければならないのです。

これは糖尿病患者にも当てはまります。

炭水化物が主食の動物は人間だけです。 他は肉食動物か草食動物しかいません。

日本人が炭水化物である米を食べ始めたのは僅か2000年前の弥生時代だと言われています。

まだ、米の食生活が短く進化、順応ができていません。

現代でわかっているのは血中にインシュリンでは処理できない程のブドウ糖があると敵と見なして白血球の仲間が活性酸素を四方八方に放出し攻撃します。

するとどうなるか弊害として血管内ではどうなるのか?

・血管にコブができ血液の通り道が狭くなる

・血管がもろくなる。ガラスのストローのように硬いけど割れやすくなる

・脂質が酸化してドロドロの血液になる

血管が詰まりやすくなり心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。

脂肪の摂り過ぎで血液がドロドロになるのではなく糖質の摂り過ぎで活性酸素が発生し血液がドロドロになるのです。

悪いのは活性酸素ですが原因は糖質にあります。

今までの常識とは真逆で糖質は万病の元でもあり、糖質と脂質を逆転するべきなのです。

この商材は的確なサプリメントと使用方法や病気の予防策をお伝えします。決して高価なサプリメントをお勧めしませんし、サプリメントの販売もいたしません。
iHerbやAmazon で買えます。
この商品が出回ると高級サプリを使って謳ってくる売人も急増するでしょう。
そして、安価で最有力なコロナ対策のためサプリメントの在庫が無くなり入手困難になる可能性もあります。

禁断の書にはもう少し深掘りした内容を記載しているので、この販売ページと禁断の書を組み合わせればセミナーを開催できるほどの内容となっています。

      商品価格  税込み29,800円

もし、禁断の書に記されていることを実践されれば精神的にも肉体的にの頑強なものになるでしょう。禁断の書とめぐり会えなかった人達とは今後の人生において圧倒的な差が生じるのは明確です。あなたの家族、友人、恋人と共有して健全な生活を送ってくださると幸いです。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。効果には個人差があります。